キャプバカありやのうっちゃかちゃー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おひさ

やばい、気がつけば数ヶ月ブログを放ったらかしだ。
更新するヒマがないと言えばカッコこいいが、要するに面倒くさいのだ。
性格上、一度頓挫すると続ける気がなくなってしまうw

要するに無精なのだ。
PCに興味を持ったのも、そんな理由からかも知れない。
(事故ったこととか、親がPC買ってきたとかあるけれど、一番の理由は性格によるものだろう)

で、たまにありやのキャプシステムは凄いと言われる。
一方で大したことないとも言われる。

実際、大したことないのだ。
解説ページを書くに当たって、ちょろちょろっと書いて見ようと思ったら、意外にも文章量が多くなって驚いているのは本人だったりするw

キャプを始めたころは、もちろんこんなシステムはなかった。
3日目くらいで、キャプする作業が辛くて辛くてしょうがなくなった。
幸い自分はシステム構築のプロだった。
PCで何かするとき面倒くさいと思ったら、すぐにシステム化する方向に頭が動く。
また、システムを考え構築し、ブラッシュアップする行程は楽しい。
キャプをする前はシステム構築(アプリケーション開発)が最大の趣味だったのだ。

システム化している理由は大きく二つで、楽したいのと、自分も番組を楽しみたいからだ。
もし、放送から貼るまでに30秒掛かったとしたら、その30秒間はろくに番組を見ることができないことになる。
これでは、実況民として本末転倒だ。

ちらほら、ありやはキャプ専用サーバを持っていると書かれている。
これは大きな誤解で、それまでメールサーバとかWebサーバとかいろんな目的で使っていたサーバを使用しているだけだ。
現在、家には6台くらいの動くPCがあるけれど、主に使用しているのは3台だけ。
内訳はこれを書いているキャプ作業にも使うメインマシン、多目的に使うサーバ、Friio専用録画サーバだ。

キャプをしていなかった頃、数年前の最盛期には6台くらいのPCが稼働していた。
電気代に悩まされていた。
しかし、近年マシンパワーの増大とバーチャルマシンの技術が向上したことにより、実PCの削減を図ることができた。
現在はVMベース上で考えると10台以上のマシンが稼働している。
常に稼働しているものから、実験的なものまで様々で正確なマシン数というとわからない。

さて、そのキャプシステムの今後の展望だけど、実は全くない。
決して満足しているわけではないけど、今抱えている問題点を解決しようとすると金が掛かる。
誤解されているみたいだけど、オレだって金掛けたくないんだw
キャプに金掛けるなら、他のことに金掛けるさw

ではでは。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。